自動車保険の事故対応体制を比較しよう

事故対応を比較する

実際に万が一の事故を起こした時に頼りになるはずの自動車保険が頼りにならなかったら洒落になりません。事故対応というのは担当者によって大きく変わるものでもありますが、自動車保険会社自体の体制にも大きく左右されるのも事実です。

ここでは事故対応について出来る限りの項目で比較してみたいと思います。ただし、あくまでも体制比較であって実際の対応比較ではない事をあらかじめご理解ください。

事故受付センターを比較する

自動車保険の事故対応には事故受付センターが常備されています。24時間365日、事故を受付ているコールセンターがあるのはありがたいです。ただし、これはあくまで事故受付のみであって事故処理をしてくれるわけではありません

保険証書を確認し、電話で確認をする程度で、夜間だと翌日に担当者から連絡がくるという形になるのが一般的です。とは言え、この事故の場合の保険の適用など一応は答えてくれるので事故直後のパニック状態では助かるサービスです。各自動車保険会社の事故受付センターを比較してみました。参考程度にどうぞ・・・。



【比較総括】
基本的にどこの保険会社も事故受付は24時間365日行われていますが、事故対応は19時までや21時までなどの違いがあります。休日や夜間にどこまで対応してくれるのかが比較項目となります。


拠点数を比較する

自動車保険の事故対応には拠点数も注目しておきたいものです。拠点数の数が多ければどこで事故を起こしても早い対応を期待することが出来ます。各地の拠点数を確認しておくことは事故対応の速さを予測することが出来ます。必ずしも多いほうが良いという訳ではありませんが多いに越したことがありません。



【比較総括】
様々な保険関連の拠点を比較していますが、拠点数はかなり開きがあります。提携修理工場もたくさんあれば便利ですが、緊急時に助かる拠点は自動車保険にとってかなり重要になってくる可能性もあります。手厚いサービスを受けるためにもたくさんの拠点がある方が有利です。

担当者制度を比較する

自動車保険の事故対応には担当者制度を採用している保険会社があります。専任で担当してもらえるので責任も大きくなりしっかりと仕事をしてくれる期待が出来ます。一貫して事故をサポートしてくれますので安心して対応して貰えます。



【比較総括】
1事故につき一人の専任の担当者がつくシステムを採用している保険会社もたくさんありますが、チームで事故解決に望む保険会社もあります。どちらが良いとは一概には言えませんが、一人担当者だと責任を持って行う期待が持てますが、チームだとスペシャリストが集まるイメージを受けます。

事故経過報告を比較する

自動車保険の事故対応には事故経過報告をしてくれる事故対応サービスがあります。今、どのような状況なのか?現状を確認できる安心できるサービスがあります。現状がどのような状況か分からないのはかなり不安になります。安心できるための有難いサービスです。



【比較総括】
相手のある事故の場合、経過状況は大変気になるものです。今現在、どうなっているのか逐次連絡をもらえるサービス、調べれば分かるサービスは大変ありがたいと思います。WEB上で確認できるものも多いですが、電話やFAX、郵送などネット環境が整っていなくても知ることのできるサービスもあります。

代車無料サービスを比較する

自動車の事故なのですから自分の車が無傷である可能性は少ないと思います。そこで自分の愛車が修理にだされている間、修理工場で代車が用意できない場合でも、レンタカーなどに手続きしてもらえるサービスです。もちろんレンタカー代も保険から賄われますので自分が支払う必要がないです。

管理人も実は一度利用したことがありますが、大変ありがたいサービスです。このサービスがなかったとしたらレンタカー代毎日5000円、修理期間である2週間程度支払い続けるか、車無の生活が余儀なくされていました。各自動車保険会社でもこの代車無料サービスを提供していますので確認してみてはいかがでしょうか?



【比較総括】
代車をレンタカーで手配してくれる保険会社もあれば、指定工場での無料代車を用意してくれる保険会社があります。なかにはオプションという保険もありますのでしっかり比較して検討したほうが良さそうです。


最大20社から一括見積りが簡単に出来る「インズウェブ」の自動車保険比較