自動車保険補償内容自動車保険比較最前線

全損の基準について理解しよう



全損は自動車自体の保険、車両保険を受ける際の基準の一つです。よく車がグチャグチャになっている状態の事故現場にある車の場合、この全損に当てはまる分かりやすい例ですが、中には見た目で分からない全損もあるのです。

それは車の修理代金が車本体の価格を上回る場合です。技術的に修理できても価格が車両価格よりも高くなれば直すよりも買ったほうが安いので全損として判断されるのです。

この車両価格は同じ程度の使用状況の中古車の購入価格のことです。売るときの価格ではないため本当に買ったほうが安い状態のときに全損と判断されます。

車の価値はどの保険会社にもオートガイドが出版している自動車価格月報があり、この基準で車の価値を参考にしています。

車自体の価格は通常、年々価値が急激に下がります修理費用は新車でも相当使用した車も同じようにかかります。そのため車自体の価格が修理費よりも安くなることも少なくありません。

意外にも今現在の車の価値が低いと思うこともあると思いますが、よくあることなので全損の基準を知るためにも、今現在の車の価値を把握しておくのも良いと思います。



自動車保険を一括見積もり請求しよう


戻る



  全損の基準について理解しよう   自動車修理は高額になりがち・・・



自動車保険比較最前線